予約はこちら
インスタグラム
MENU

インプラント

Implant

インプラント- Implant -

自分の歯を失ってしまい噛めない、入れ歯が合わない・煩わしいなどの方に対し、インプラント(人工歯根を植える)治療を積極的に取り入れています。

インプラント治療とは、顎の骨の中にチタンでできた人工の歯根を埋めこみ、それを土台として歯冠をかぶせる治療法です。
顎の骨の中に直接結合しているため、天然の歯とほとんど変わらない感覚で物を噛んだり、会話を楽しんだりすることができ、見た目にも綺麗です。
また、入れ歯やブリッジなどの治療法と違い、残っている歯に余計な負担がかからないため、御自身の残りの歯を長くもたせることが出来ます。

インプラントは日本で流通しているものだけで200社以上あり、担当するドクターによっても治療方法は様々です。当院では医療先進国ドイツでシェアNo.1のCamlog社のインプラントを採用しております。
また、インプラント治療を担当する院長はこれまでに様々な症例を取り扱ってきております。

インプラントの特徴

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。
また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

他の治療法との違い

インプラントインプラント

治療法

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

メリット

  • 周りの歯への負担が少ない
  • 見た目は天然の歯と違和感がない

デメリット

  • 自由診療のため治療費が高額になる
  • 治療期間が長い
ブリッジブリッジ

治療法

なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット

  • 保険適用で治療費を抑えられる
  • 天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない

デメリット

  • 健康な歯を削る必要がある
  • 削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
部分入れ歯部分入れ歯

治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット

  • 保険適用で治療費が抑えられる
  • 条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能

デメリット

  • 固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • 装着に違和感があることが多い
総入れ歯総入れ歯

治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット

  • 保険適用で治療費が抑えられる

デメリット

  • 歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • 装着の違和感、話しにくさがあることが多い

インプラント治療の注意点

  • インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。また、治療期間は長く、保険適用外のため治療費は高額になりがちです。
  • 治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は、骨補填材の併用、骨移植手術を受ける必要があります。
  • 治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていなかったりすることで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまったりすることがあります。
    また、喫煙や糖尿病などの全身疾患によっては予後不良となる場合もあります。
  • インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。